クリスマスがもう少しで来ますが、私には関係がないです。そもそも何でクリスマスをキリスト教でも無い人が祝っているのが謎であります。お正月に新年を祝って神社やお寺行ったり、七五三やお宮参りに行ったりとか、クリスマスやハロウィンをイベント化したり日本人って凄いなと思います。他の宗教の人からすると考えられないのでしょう。宗教を信じている人はその宗教で奉っている神のみを崇めるからです。でも多くの日本人は色んな神様や大切な日にちを混ぜて、日本独自の文化にしてしまいます。同じ日本人として凄いなと思ってしまいます。
これで、日本がキリスト教徒が多いとか、イスラム教徒が多いとかあったらこんな不思議な国にならなかったと思っています。何故なったかというと、日本の昔からある神様の影響だと私は考えています。それは八百万の神様の事です。人や動物、草や石全てのものに神様がいるって考え方です。だからキリストも、モハンマドも仏陀もお釈迦様も全てひっくるめられる、おおらかさが日本にはあるのかなと思っています。こんな書き方すると宗教を信仰している人に怒られてしまいそうですが、どの宗教も受け入れられているのはこの考え方が大きな影響があると私は考えていて、いい考え方だと思います。一つの神様をしか信じてはいけない、偶像崇拝してはいけない等を決めるから反発が出たりします。「それも一つの考え方」としてお互いに受け入れられれば宗教戦争は無くなるんだと思います。